心臓病予防に!是非食べたい優れた効能野菜3選

  • -

心臓病予防に!是非食べたい優れた効能野菜3選

血管を丈夫に!アスパラガスの効果

アスパラガスは、パプリカなどと一緒に炒めて付け合わせにしたり、コンソメスープの中に入れたり、様々な食べ方で親しまれている野菜です。メインのスライス肉で肉巻きにしたり、さっと茹でてそのまま温野菜スティックとして食べても美味しいですよね。そんなアスパラガスは血管を丈夫にし、心臓病の原因にもなる高血圧や、動脈硬化の予防効果のある野菜なんです。また、それだけではなく、抗酸化作用が高く、老化防止やがん予防、また多く含まれているアスパラギン酸により新陳代謝を活発にし、血行を促進するために、疲労回復の効果もあります。心臓病予防に効果が高い野菜のアスパラガスは是非色んな食べ方で美味しくいただきたいですね。

食物繊維たっぷり!れんこん効果

レンコンは、身体の余分なナトリウムを排泄するカリウムが豊富に含まれているので、食べると高血圧や心臓病予防になります。他にもカルシウムや鉄、銅などのミネラルが豊富に含まれています。胃腸のトラブルに効くタンニンも豊富で、食物繊維も多く含まれています。きんぴらレンコンにするとシャキシャキの食感はくせになる美味しさですよね。その他ひき肉をスライスレンコンで挟んだり、筑前煮に入れても美味しく、洋食・和食共に親しまれています。美味しく食べれて、身体の余分なものを排出してくれるレンコンはすすんで食べたい野菜の一つですね。

低カロリーだけど栄養価が高い!もやしの効果

白くて細くて一見栄養がないように思えるもやしですが、ビタミンCとアスパラギン酸が豊富で血中のコレステロールを下げてくれたり、動脈硬化の予防になるんです。高血圧や心臓病にも良いカリウムや食物繊維も豊富に含まれています。シャキシャキの食感と、くせのないもやしは、炒め物やサラダ、酢の物など様々な調理法で美味しく食べられ、なんといっても低価格がうれしいですよね。スーパーに行ったら是非手に取って、おかずのもう1品に、メインにも積極的に摂っていただきたい野菜です。

僧帽弁閉鎖不全症になると一般的な生活をするのが苦しいので、病院へ受診して早期治療・早期発見が必要です。