審美歯科は美しい口元をつくるために活躍している

  • -

審美歯科は美しい口元をつくるために活躍している

審美歯科ってどんな歯医者さんなの?

審美歯科の「審美」とは、外部から見た場合の美しさを指します。ですから、歯並びを矯正したり、ホワイトニングのケアをして白い歯にしたりするのが主な治療方法です。なかには、保険が適用されない治療もありますから、普通の歯医者さんに行くよりもお金がかかることも多いです。それでも、美しい口元を作るためにさまざまな人たちが訪れます。特に、若い女性には関心があることも多いのではないでしょうか?ここでは、審美歯科の代表治療であるいくつかのケアについてお伝えします。

銀歯などをセラミックで作られた被せ物に変える治療

オールセラミッククラウンという白い被せ物にして、銀歯などが目立たないようにする治療方法です。実は、保険が適用される安い被せ物は、長い期間使っていると次第に色が変わってきたりして劣化してしまいます。しかし、オールセラミッククラウンは、自然な歯の感じにとても近いのでおすすめです。ただし、保険が適用されないので必要となる金額はとても高いです。それでも、被せ物を目立たなくしたい人には、おすすめの治療方法です。

歯を白く美しくできるホワイトニング治療とは

ホワイトニング治療とは、歯の表面を漂泊することで白く輝くような歯に変化させる治療のことです。審美歯科でのオフィスホワイトニングと、家で手軽にできるホームホワイトニングの2種類があります。多くの場合、この2つのホワイトニングケアを併用することで、その効果を高めるようになっています。昔のオフィスホワイトニングは、レーザーを使って歯を白くすることもありました。現在では、歯にジェルを塗るだけで白くできる治療方法が多く使われています。

セレックとは、コンピューター制御により歯の修復物を設計、製作するCAD/CAMシステムのことです。歯の治療法に時間をかけたくない方におすすめの治療法です。